プリン紹介記事

f:id:miyabipoke:20180421212009j:image

 

 

【プリン】

カスタードプリンまたプリンは、洋菓子の1つであり、プリン型に牛乳と砂糖を混ぜた卵液を流し込み、加熱してカスタードを凝固させたものである。原義のプディングはイギリスでの多様な蒸し料理の総称である。

 

今回はこの素晴らしいスイーツ『プリン』を食べ歩いて来たので少し紹介したいと思う。

 

【なめらかプリン】

まずご紹介するのは、菓子工房凡蔵 二条店で買った[なめらかプリン]だ!

濃厚な味わいを感じられつつも甘ったるくなく何個でもペロリと平らげられそうな感じだ。

その名の通りなめらか!というよりもスプーンを進めれば進めるほどトロトロ感が増しとてもよい口当たりだった。

店舗も二条駅から徒歩約3分、値段も290円とリーズナブルなのでとてもお買い求めやすくなっているぞ!

容器もとても可愛らしいので一度意中のあの子といただいてみたらどうだろうか!

f:id:miyabipoke:20180421214154j:image

 

 

 

祇園プリン】

次にご紹介するのは、むしやしない処 仁々木 祇園本店の[祇園プリン]だ!

プリンの種類がプレーンの他にアールグレイ、抹茶、黒胡麻など沢山あるのだが今回はプレーンの祇園プリンをいただいた。

こちらのプリンはスプーンを入れただけでなめらかさが伝わってくるほどなめらかであり、口当たりなめらかなプリンの濃厚さとほろ苦いカラメルが相性抜群だった!

序盤は濃厚プリンの甘さで攻め、中盤は濃厚プリンと濃厚カラメルの激しい絡み合いで終盤への地固めをし、終盤はカラメルのほろ苦さで締めるといった、序盤、中盤、終盤スキがなくプリン本来の魅力が躍動する素晴らしい一品となっている!

値段は450円と先程紹介したプリンより少しお高いかもしれないが、一度ご賞味していただく価値はあると思われる。

道が少し入り組んだ場所にあるのでしっかり店舗の場所を調べてから行った方がいいかもしれないぞ。

f:id:miyabipoke:20180421220105j:image

 

 

以上ネタタイトルからの謎語り口調のスイーツ記事でした〜

帰りの電車の時間暇なんでなんとなく書きました()

どちらの店舗もプリン意外にも色々スイーツを取り揃えていらっしゃったのでプリン以外を目的にして行っていただくのもいいと思います!

 

 

広告を非表示にする